2004年12月23日

接客マナーとクレーム

イメージしてみて下さい・・・レストランに行きました。

 

―抄醗の対応が悪い。注文しても出てくるのが遅い。しかもまずい。い修靴胴發ぁΑΑΑ

 


ここまでくれば、たいていの方はそのレストランに対して文句のひとつも言うでしょう。

 

しかし、例えば△世韻良塰があったとします。その場合、わざわざ、お店に文句をいいますか。今度は大半の方が何も言わずに帰ると思います。

 

大半のお客様は不満の声をうちに秘めたまま、口に出しません。

 

口に出していただけるお客様は、そのお店(やスタイリスト)の問題点を教えていただいていると思えば、対応の仕方も変わってくるのではないかと思います。

 

そんな想いで、なかなか美容室には届かない、お客様の声をあつめる目次を追加しました。

 

不満の声の中に一歩抜きに出る美容室になるためのヒントがあるかもしれません。

 

今回はコンサルタントの方が「接客マナーとクレーム」について美容室の例をまじえて書かれている記事をみつけたので見てみてください。↓

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔